リースと購入、それぞれのメリット、デメリットはどんなところ?

購入なら全額経費に落とせる可能性

仕事をする上で必要になるのがパソコンです。社員がそれぞれ購入するのではなく、会社の方で社員用のパソコンを用意して貸与します。ですから会社ではいろいろな方法で調達する必要があります。購入するときは、メーカーや販売店などから購入をします。メリットとして、会社の資産にでき、永久に自由に利用ができます。経費上のメリットとして、金額によっては購入金額全額を経費に落とせるときがあります。通常はパソコンは固定資産として減価償却しないといけませんが、一定額以内であれば購入時に経費にできる決まりがあります。利益が多く出た時に期末にまとめて購入して経費を増やすなどが可能です。会社の規模で適用される仕組みが異なるので注意しましょう。

リースなら一定期間ごとに更新ができる

仕事で必要なパソコンですが、ついしてしまいがちなのは故障するまで使い切る行為でしょう。パソコンは新しい商品がどんどん登場しています。処理スピードが速くなったり、記憶容量が大きくなったり新しいものほど使いやすくなります。古い機械を使っていると処理効率が悪くなりますが、使えるとつい使ってしまいます。リース契約だと、リース期間が決められています。リース期間が来るとその機械はリース会社に返却しなければいけません。そして新たな機械の契約をします。古い機械を使いたくても使えない状態になるので、定期的に新しい機械への更新が可能になります。システム開発をする会社などでは最新の機械を入れる必要があるので、リースの方がお得かもしれません。